18インチ サマータイヤ セット【適応車種:アルファードハイブリッド(30系)】WEDS レオニス MX ハイパーシルバーIII/SCマシニング 8.0Jx18プロクセス C1S 235/50R18

18インチ 4本 サマータイヤ セット【適応車種:アルファードハイブリッド(30系)】WEDS レオニス MX ハイパーシルバーIII/SCマシニング 8.0Jx18プロクセス C1S BS 235/50R18

ストリームが扱う映像は、ロールに関わらず VideoView (もしくは VideoRenderer プロトコルを実装したオブジェクト) で描画可能です。

サンプルコードを次に示します:

@IBOutlet weak var videoView: VideoView!
// 接続する
Sora.shared.connect(configuration: config) {
 chan, error in
 // エラー処理は省略
 ...
 // VideoView をセットする
 chan!.mainStream.videoRenderer = self.viedoView
}

1 つのストリームにセットできる VideoView は 1 つです。 マルチストリームではストリームごとに異なる VideoView をセットする必要があります。

Interface Builder で VideoView を配置する

Interface Builder で VideoView をウィンドウに配置する場合は、次の手順で設定します。

  1. ウィンドウに UIView を配置する
  2. インスペクタを開き、 "Custom Class" の次の設定を変更する
  • "Class": "VideoView" を指定する
  • "Module": "Sora" を指定する

独自の映像レンダラーを実装する

VideoView 以外の映像レンダラーを独自に実装したい場合は、 VideoRenderer プロトコルを実装したクラスを用意します。

現在の実装では、 render(videoFrame:) メソッドに渡される映像フレーム (VideoFrame) は RTCVideoFrame かスナップショットのどちらかです。 RTCVideoFrame についてはネイティブ WebRTC ライブラリ (WebRTC.framework) を参照してください。

映像フレームを加工・編集する

映像フレームは映像レンダラーに渡される前のタイミングで加工・編集が可能です。 加工・編集を行うには VideoFilter プロトコルを実装したクラス (映像フィルター) を用意します。

映像フィルターはストリームの videoFilter プロパティにセットして使用します 21 マジェスタ リアバンパーカバー / リアハーフ【トヨタモデリスタ】クラウン マジェスタ 21系 リヤスカート メーカー塗装 プレシャスシルバー 1J6。 ストリームは送受信する映像フレームを映像フィルターで加工・編集後に映像レンダラーに渡します。

カメラ以外の映像を送信する

ストリームが送信するカメラの映像は CameraVideoCapturer が取得します。 カメラ以外の任意の映像を送信するには、 VideoCapturer プロトコルを実装したクラス (映像キャプチャー) を用意した上で、次の設定を行います。